なんでお店で買取価格が違うの?

大型チェーン店の場合特に多いのが買取査定のマニュアル化
経験の少ないアルバイトでも買取ができるように、査定の方法がマニュアル化されています。
ポイントは、『見た目のきれいさ』と『発行年月日の新しさ』です。
『目利き』をしない
このマニュアル査定では、いわゆる『目利き』という作業は行いません。
このため、希少価値のある本でも、見た目と新しさだけで格安査定されてしまいます。
均一な価格設定
買い取った古本を店頭で販売するときも、基準は見た目と新しさです。
そして、アルバイトでも値段つけができるように、ほぼ均一な価格に設定されます。
高く売れる本まで安売り
このような価格設定は、高く売れるはずの貴重な本まで、安売りしてしまうことでもあります。こんなことでは、買取価格を高くできるわけがありません。
多くの経費が必要
全国に店舗を出店し、マスコミによる広告宣伝をするには、多額の費用が必要です。こうした経費の存在も、買取価格がそれほど高くない理由のひとつです。

なぜ他社より高く買い取れるの?

当社の場合

経験豊富なスタッフによる安心の査定
ポイントは『その本の本当の価値を見極める査定』です。
『目利き』
希少価値のある古書や高額取引可能な古本なども熟練の鑑定技術と豊富な知識による目利きで適正買取り
適正な価格設定
『目利き』や『余計なコストの削減』により、お売り頂ける古書や古本の適正価値による取引が可能になります。
経費の削減
チェーン展開や広告宣伝費、多くのアルバイトを抱える様なコストを削減しております。 その為、古書や古本の買取に掛る費用が大型店舗よりも抑える事が出来、結果として査定価格の引き上げに繋がります。